厚生 労働省 雇用 保険 の 追加 給付 に関する お知らせ と お願い。 14年前にもらった雇用保険のお知らせがなぜ今? 厚労省から送られてきた手紙の正体 (1/2)

毎月勤労統計調査に係る雇用保険の追加給付に関するQ&A

厚生 労働省 雇用 保険 の 追加 給付 に関する お知らせ と お願い

【船員保険】 船員保険制度の職務上災害による障害年金や遺族年金等の給付額は、原則として、個々の被災者の被災時における標準報酬月額に基づき算定されますが、補償効果が目減りすることを防ぐため、労災保険のスライド率を踏まえた一定のスライド率を乗じています。 過去に基本手当等を受給していた方のうち、追加給付の対象となる方 〈お知らせ〉 【育児休業給付を受給していた方】 2019年8月8日から順次「お知らせ」をお送りします。 厚生労働省 毎月勤労統計調査をはじめとする厚生労働省が所管する統計で、長年にわたり、不適切な取り扱いをしていたことにより、国民の皆様に多大なご迷惑をおかけしますことを、心よりお詫び申し上げます。 という謝罪文があり、何のことだかさっぱりわかりません。 上記以外の方 現住所を特定できた方から、2019年10月28日から順次「お知らせ」を送付。 必要事項を記入した書類を返信するための返信用封筒が同封されているのですが、その宛先を見てみました。 そのため、雇用保険や労災保険などで多くの受給者が支払い不足の状態に陥っていた。

次の

厚生労働省から「雇用保険の追加給付に関するお知らせとお願い」という書類が届いたのが詐欺ではないかと疑った話。判別方法も考察してみた。

厚生 労働省 雇用 保険 の 追加 給付 に関する お知らせ と お願い

ご相談の期限は、当面、設けません。 しかし、いくらかわからないけど支給してもらえるなら・・・と、書類の記入を始めようとしたのですが、「給付」というキーワードを巧妙に使った詐欺が多発してるというのが少し気になって手が止まりました。 (2)追加給付の一人当たり平均額、対象人数、給付費の現時点の見通し ・ 一人当たり平均額等の現時点の見通しは次のとおりです。 (切手を貼る必要はありません。 このホームページは判明したことや、お支払いのための準備状況などを、皆様に、お知らせするため、逐次、更新してまいります。

次の

毎月勤労統計調査に係る雇用保険の追加給付に関するQ&A

厚生 労働省 雇用 保険 の 追加 給付 に関する お知らせ と お願い

「回答票(ご本人確認)」は必ず記載しなければならないのでしょうか。 追加給付を受けられる可能性がある方は• また、正確な給付のため、対象者の特定、追加給付額の計算のためのシステム改修や、旧システム時代のオフライン管理データを現行システムに戻す作業等に相当の期間が必要となります。 A8 こちらの都合で大変申し訳ございませんが、追加のお支払いのための手続きは、当初のお支払い手続きを行ったハローワークで行うこととなっていることから、引っ越しなどで複数のハローワークから支給を受けたことがある場合などは、複数のお知らせをお届けしています。 なお、給付全体での1人1手当当たりの平均額は令和元年10月末現在、1,300円程度を見込んでおり、主な給付ごとの平均額は、概ね次のとおりと見込んでいます。 A15 追加のお支払いの対象となるのは、「基本手当」、「再就職手当」、「高年齢雇用継続給付」、「育児休業給付」などの雇用保険給付を、平成16年8月以降に受給された方のうち、一定の条件を満たす方です。 お客様にご記入いただく欄は、 (1) 雇用保険被保険者番号 (2) 手当受給時の振込口座(雇用保険の直近の受給の際に登録したと思われる口座を1つ以上ご記入ください。 どの金融機関でも給付金の振り込みは可能でしょうか。

次の

厚労省を名乗る「雇用保険の追加給付に関するお知らせとお願い」は怪しい?

厚生 労働省 雇用 保険 の 追加 給付 に関する お知らせ と お願い

マンション内に「モンスター住民」が増えつつあるようだ。 1 追加給付の対象となる可能性がある方 (1)雇用保険関係(別紙1参照) ・ 「基本手当」、「再就職手当」、「高年齢雇用継続給付」、「育児休業給付」などの雇用保険給付を平成 16年8月以降に受給された方 ・ 雇用保険と同様又は類似の計算により給付額を決めている「政府職員失業者退職手当」(国家公務員退職 手当法)、「就職促進手当」(労働施策総合推進法) (2)労災保険関係(別紙2参照) ・ 「傷病(補償)年金」、「障害(補償)年金」、「遺族(補償)年金」、「休業(補償)給付」などの労 災保険給付や特別支給金等を平成16年7月以降に受給された方 (3)船員保険関係(別紙3参照) ・ 船員保険制度の「障害年金」、「遺族年金」などの船員保険給付を平成16年8月以降に受給された方 (4)事業主向け助成金 ・ 「雇用調整助成金」の支給決定の対象となった休業等期間の初日が平成16年8月から平成23年7月の間で あったか、平成26年8月以降であった事業主 等 2 追加給付の概要 (1)追加給付の計算 ・ 追加給付の計算は、本日公表を行った「再集計値」及び「給付のための推計値」を用いて行います。 (人によって金額が異なります。 本人が特定できている場合は、本人が特定できておらず本人確認が必要な場合はが送付されています。 今回の追加給付に関して、都道府県労働局、ハローワーク(公共職業安定所)、労働基準監督署、全国健康保険協会又は日本年金機構から、 直接電話や訪問をすることはないそうです!(厚生労働省公式ホームページに記載あり) 追加給付をかたる電話や訪問にはくれぐれもご注意ください。

次の

厚生労働省から「雇用保険の追加給付に関するお知らせとお願い(口座確...

厚生 労働省 雇用 保険 の 追加 給付 に関する お知らせ と お願い

厚生労働省においては、今回の事案を真摯に反省するとともに、報告書の厳しいご指摘を重く受け止め、信頼回復と再発防止に全力を挙げて取り組んでまいります。 教育訓練支援給付金• したがって、到着まで一定の日数がかかりますことを予めご了承願います。 ・ 今後、追加給付事務の準備状況、追加給付開始後は追加給付の進捗状況も、 - 厚生労働省ホームページ - 全国健康保険協会船員保険部及び日本年金機構ホームページ(船員保険関係) にて公表いたします。 なお、現在受給中の口座と異なる口座を指定された場合、現在受給中の口座も併せて変更されてしまいますので、ご留意いただきますようお願いします。 セブンが実証実験を継続的に行う拠点がある。 B 「お知らせ(本人確認)」の場合 「回答票(ご本人確認)」(及び「払渡希望金融機関指定・変更届」)をご返送いただいた後、ハローワークにおいて、その回答内容をもとに、追加のお支払いの対象となる方であるかどうかを判断するとともに、最終的なお支払い額を精査しますので、その結果、追加のお支払いの対象でないと判断する場合や、例えば、過去にお支払いした給付金の返還を求めている場合など、まれに追加のお支払いが発生しない場合もあり得ます。 お手数お掛けいたしますが、それぞれに(同じ内容であっても)ご回答をいただきますようお願いいたします。

次の

毎月勤労統計調査に係る雇用保険、労災保険等の追加給付について

厚生 労働省 雇用 保険 の 追加 給付 に関する お知らせ と お願い

毎月勤労統計調査のほか、今回、賃金構造基本統計調査について、 1.調査員調査により実施すべきところを郵送調査により実施していたこと、 2.調査表の提出期限について、調査計画より早い提出期限を定めている例があったこと、 3.調査対象範囲の産業から、「バー、キャバレー、ナイトクラブ」を除外していたこと、 について、総務大臣の承認を得た調査計画と異なる取扱いとなっていました。 ) 現在受給中の振込口座と、追加給付の振込口座を分けて欲しいのですが可能ですか。 A9 恐れ入りますが、「お知らせ」に同封の書類に必要事項をご記入・ご返送いただいた後、ハローワークにおいて、必要に応じた本人確認、最終的なお支払い額の精査をしますので、個別のお支払い額についてのご回答はできかねることをご理解ください。 ご不明点は現在、雇用保険の手続きを行っているハローワークにお問い合わせください。 【雇用保険】 一つの受給期間を通じて一人当たり平均約1,400円、延べ約1,900万人、給付費約280億円 【労災保険】 年金給付(特別支給金を含む):一人当たり平均約9万円、延べ約27万人、給付費約240億円 休業補償(休業特別支給金を含む):一人一ヶ月当たり平均約300円、延べ約45万人、給付費約1. 事業主向け助成金 追加支給の対象となることが確認できた方から、2019年4月から、「お知らせ」を送付。 その場合、該当する方に追加して給付をお支払いすることになります。 過去に受給した分について、追加のお支払いがある場合には、労働基準監督署に登録された連絡先に「お知らせ」を郵送し、その後、順次、お支払い。

次の

雇用保険、労災保険等の追加給付について

厚生 労働省 雇用 保険 の 追加 給付 に関する お知らせ と お願い

なお、受給履歴情報にお心当たりのない方は、ご返送いただく必要はありません。 (時間帯によっては繋がりにくいことがありますのでご了承ください) よくある質問 「この封筒は、本当に厚生労働省から発送したものですか?」というお問い合わせが多く寄せられておりますが、同封されている返信用封筒のあて先によりご確認ください。 雇用保険の各種給付を過去に複数回(種類)受給しましたが、「お知らせ」の「受給時期」欄に載っていないものがあります。 A3 「お知らせ」には2種類があり、追加のお支払いの「対象となる方」にお送りする「雇用保険の追加給付に関するお知らせとお願い(口座確認)」と、「対象となる可能性のある方」にお送りする「雇用保険の追加給付に関するお知らせとお願い(ご本人確認)」です。 (一部の給付の過去分については、2019年10月28日から順次「お知らせ」をお送りし、同年11月1日から順次のお支払いします。 いただいた情報をもとに、届出のための書類をこちらからお送りさせていただきますが、準備に時間を要するため、しばらくお待ちいただきますことを予めご了承願います。

次の

厚労省を名乗る「雇用保険の追加給付に関するお知らせとお願い」は怪しい?

厚生 労働省 雇用 保険 の 追加 給付 に関する お知らせ と お願い

) この上限額等は、毎年、その時点で適用される上限額等に、毎月勤労統計調査における労働者の平均給与額の前々年度から前年度への変化率を乗じて算出しています。 <お知らせ> 振込先等についてのご回答を踏まえ、2019年10月30日から順次、お支払いしています。 振込先等のご回答をお願いします。 なお、該当する方のうち、障害年金・遺族年金を受給中の方のお一人当たりの追加支払額の平均は、障害年金で約15万円、遺族年金で約17万円となっています。 「払渡希望金融機関指定・変更届」(「回答票(ご本人確認)」)について、記入内容を証明するための書類(通帳又はキャッシュカードの写し、雇用保険被保険者証の写し、勤務先の書類など)を同封しなくてもよいのですか。

次の