マツモトキヨシ。 マツモトキヨシ/「営業継続」緊急事態宣言受け臨時休業拡大

マツモトキヨシ

マツモトキヨシ

プレスリリース , WWD JAPAN. - の高松に1号店 を開店。 10月• 黄色い看板のお店、マツモトキヨシ。 関東・東海・関西の3大都市圏でエリアドミナント化を推進して市場シェアを拡大してまいりました。 8月 - 事業から撤退。 ニューライフカタクラ()• 新タイプドラッグストア()「COS-MEDI」• マツモトキヨシでは、お店が無い地域でも買えるようになりました。 ライフラインであるドラッグストアの使命として、基本的には営業を継続。 株主優待 株主優待制度の内容 年2回、当社グループの店舗でご利用可能な商品券を贈呈いたします。

次の

株主優待・配当金

マツモトキヨシ

のちにマツモトキヨシ東日本販売へ移管し、2015年3月の新装時からマツモトキヨシ甲信越販売の運営となった。 11月 - 不動産業を営むマツモトキヨシ不動産株式会社を設立(現・連結子会社)。 、、、、、、などを起用した。 5 25. そんなマツモトキヨシにとって、今後の成長エンジンとなりそうなのが、国内外およびオンライン/オフラインをも横断した大規模なデジタル基盤だ。 ドラッグストア・調剤事業• 調剤薬局• - 業務提携第1号として、に本社を置くと提携。 8月 - 東京証券取引所一部上場。 4月 - マツモトキヨシポイントカードスタート。

次の

ザ・レチノタイム リンクルデイミルク UV

マツモトキヨシ

(富士薬品、後にモリキに事業統合)• - 株式会社マツモトキヨシホールディングス ニュースリリース 2014年8月6日(2015年7月26日閲覧)• (マツモトキヨシ甲信越販売に吸収)• (マツモトキヨシ東日本販売に吸収)• (富士薬品に吸収)• 株式会社マツモトキヨシは1932年、松本清が千葉県松戸市小金に「松本薬舗」を個人創業し今年で87周年を迎えます。 (共栄ファーマシーズに店舗譲渡)• 6 27. これは、同年3月14日に当社並びにマツモトキヨシホールディングスへの事前説明なしにイオン系列のに所属する株式会社と共同持株会社「グローウェルホールディングス株式会社(現・株式会社)」設立を発表し、当社に対する背信行為をしたため。 (富士薬品子会社の後、東北セイムスに統合)• 10月1日 - 株式会社(岐阜県)とのフランチャイズ契約を締結。 - モリス株式会社(兵庫県高砂市)とのフランチャイズ契約を締結。 対象株主 毎年3月末及び9月末現在の株主名簿に記載または記録された1単元 100株 以上所有の株主様。

次の

【日祝営業】薬局マツモトキヨシ 八重洲地下街店

マツモトキヨシ

ゲームアプリ [ ]• 11月 - ホームセンター事業に進出。 今日もそういうお店であり、これからも目指しているそうです。 オフラインとオンラインのデータベースを一つにすることで、チャネルを横断した深い顧客理解を進める狙いがある。 (マツモトキヨシへ会社分割により承継、法人はマツモトキヨシファーマシーズに吸収)• 東北のごく一部のマツモトキヨシ店舗のうち、マツモトキヨシ東日本運営 ではない店舗および同運営会社については「」をご覧ください。 8月 - チラシ配布業を目的とする株式会社ユーカリ広告を買収する(後に連結子会社化)。 (系)• - 1号店となる長野駅店 を開店。

次の

マツモトキヨシ/「営業継続」緊急事態宣言受け臨時休業拡大

マツモトキヨシ

- のに秋田県1号店となる秋田駅ビルALS店 を開店。 2019年現在では自社と外部データを組み合わせたマーケティングも始めている。 ハンドメーク• オックス生活館(ツダデンキ)• - の内に徳島県1号店(徳島駅クレメントプラザ店)を開店。 ベストホーム()• - 株式会社()と業務提携。 2000年代 [ ]• 北関東以北の当社店舗のほとんどの運営(70店舗)を、エムケイ東日本販売(現在の)へ譲渡。

次の

株主優待・配当金

マツモトキヨシ

- 株式会社ミドリ薬品(現在の株式会社)との間でフランチャイズ契約を締結。 その後、同社は同年9月1日の持株会社の設立と同時にハピコムへ加入。 代表取締役社長は。 (系列)• (九州セイムスに吸収、屋号は存続)• 株式会社エムケイプランニング• 株式会社マツモトキヨシ Matsumotokiyoshi Co. 株式会社マツモトキヨシ保険サービス Matsumotokiyoshi Insurance Service Co. 11月 - に静岡県1号店となる浜松Part1店(865号店)を開店。 老舗のドラッグストアは、首都圏を中心に発展していきました。 (日本テレビ系) スポーツ [ ]• - に広島県1号店となる福山ロッツ店を開店。 PDF プレスリリース , 株式会社マツモトキヨシホールディングス, 2017年4月10日 , 2017年5月6日閲覧。

次の