ワールド トリガー ネタバレ 194。 【ネタバレ感想】ワールドトリガー 第194話・第195話

【ネタバレ】ワールドトリガー 194話「三雲修⑱」あらすじ、ネタバレ

ワールド トリガー ネタバレ 194

小南は弓場が「アタッカーキラー」 と呼ばれる理由を話す。 雨取は人を普通の弾で撃つことが出来ませんでしたが、まだ狙って撃つことは出来ないようです。 得点は二宮隊。 この記事の内容を漫画で読んでみたい! ヒュースは千佳を「いい腕だ」と迎える。 生駒隊の水上の意図を汲み取り戦況のコントロールに成功。

次の

【ワールドトリガー】最新話ネタバレまとめ!

ワールド トリガー ネタバレ 194

しかし二宮がそれを防ぎ通常弾で反撃をしました。 しかし、そこに遅れて合流した諏訪隊が那須隊を横撃して熊谷がダメージを負います。 感想回で触れられるでしょうか。 レッドバレッドだと思っていたゆえの直撃&ベイルアウトだった。 1,971• 玉駒の渾身の連携は、二宮隊の堅い守りによって防がれてしまう。

次の

【ワールドトリガー】第194話ネタバレあらすじ||「ジャンプ」マンガ好き.COM

ワールド トリガー ネタバレ 194

グラスホッパーのピンボール。 しかし、そこへ諏訪隊が横撃。 これも、二宮さんと弓場さんの1対1がはからずも実現する形となりました。 いかにこのB級上位ランク戦が激闘だったか改めて思いました。 234• しかしヒュースの弾はバイパーだった。 漫画ワールドトリガー最新話&話数のネタバレ一覧はこちらの記事にまとめてあります。 ユーマがスコーピオンを投げ、帯島の周りをグラスホッパーで囲み「スコーピオンピンボール」の状態で撹乱。

次の

【ネタバレ】ワールドトリガー 195話「雨取千佳⑨」あらすじ、ネタバレ

ワールド トリガー ネタバレ 194

これを二宮が追尾弾(ハウンド)で迎撃。 ちなみに前回のネタバレは下記の記事でまとめていますので、読んでいない場合はまずはこちらから。 次の瞬間、盛大な爆発が起きて ベイルアウトする若村。 ワールドトリガーのネタバレ感想195話!読者の考察 本物のトリオンモンスターが爆誕した件 千佳が撃たなければ玉狛は負けていたという事実が、千佳の力で修と遊真を守ったということを証明している。 今回も、ヒュースが離脱前に布石を残していたことや、遊真の「曲がるブレード投げ」の詳細も分かり、なるほど! しかし、三輪は指示を出していたのは三雲だ、雨取に「撃たせる」覚悟が三雲に足りなかった、と言います。

次の

【ネタバレ】ワールドトリガー 189話「雨取千佳⑧」あらすじ、ネタバレ

ワールド トリガー ネタバレ 194

その隙に海と水上でヒュースを倒す。 ユーマが帯島を仕留めた。 那須隊の日浦はこの3隊の中での唯一の狙撃者。 そして弓場隊は上位に残れるのか。 けれども、転送は那須隊に不利に働いた。 頭の回転なめらかすぎやろ……、と生駒が感動していますが、宇佐美がオペしているんだから驚かないと解説席で小南が話しています。 千佳の元へと行かせたはずの辻が修を仕留める為に戻ってきていました。

次の

【ネタバレ】ワールドトリガー 196話「玉狛第2㉔」あらすじ、ネタバレ

ワールド トリガー ネタバレ 194

メテオラの暴発を固定シールドで防御• この場面では二宮隊3人一緒に雨取へ向かうと王子は思ったようで、玉狛第2もその展開を予想し、三雲はその中で「隠し玉」の追尾弾(ハウンド)をどう当てるかを考えていた、と王子は言います。 つまり トリオンの少なさによって、トリガー構成を変える事はないだろうと思い込んでいたという事なんですよね。 自分のタイミングで撃っていいという話だったので修の指示とも言えますし、ヒュースが「・・ここだ」と言っていますので、もしかしたらヒュースの声が引き金になったとも考えられます。 ここで部隊を分けるという選択を二宮が選んだ事に少し疑問を感じる王子。 ヒュースがサラッと躱しましたが、実はすごい事なのです。

次の