石井 ゆかり 2020 年報。 石井ゆかりさんの年報を読んで考える2020年。|しゅり|note

おひつじ座

石井 ゆかり 2020 年報

表紙はキャンプの絵。 家事などの共同作業を通して お互いの新しい顔に気づかされるかもしれません。 たとえば、過去1年間が「結婚」の時間だったとするなら、ここからの1年は「結婚した後に起こること」のような世界と言えます。 梅酒やぬか漬け作りなどに挑戦するのも吉と出る。 この「外」は単に家の外ということではなく、多くの人が集まる社会的に「おおやけ」の場所、というイメージです。

次の

【無料占い】2020年下半期はどうなる?石井ゆかりが占います

石井 ゆかり 2020 年報

こんにちは、石井ゆかりです。 語るべきことがあれば、 語る相手が必要です。 ここから2020年にかけて、貴方は自分と身内のための確かな「場」を作る作業を展開してゆくことになるでしょう。 ネットで見つけた電話占いサイトに登録してみると、1500円分の無料通話がついていました。 人生を包んでいる環境や人間関係を充実させたい思いが強まり、個人的な場所から社会全体へと、視野が広がっていきそうです。

次の

【無料占い】蟹座の2020年を、石井ゆかりが占います

石井 ゆかり 2020 年報

私は2017年版から使い始めたのですが、この2020年版は過去3年間の12星座別手帳から大きく変わり、 総合版と恋愛版の2種類に! 今から詳しいレビュー解説をする前に、一言だけお伝えしておきます。 特に、どちらかと言えば「もっとみんなのために頑張らなくては」「結果を出すためには、もっと厳しい目標を立てなければ」というふうに、ストイックな方向に進んできている人が多いだろうと思うのですが、この3日以降は「北風と太陽」の太陽のように、別な方向からのアプローチが可能になります。 10月末から11月中旬は、 「人」に恵まれる時期です。 この期間は家族との交流をマメにしたり、部屋の整理整頓に励むと吉と出る。 それぞれの天体ごとに、何日に星座移動するのかと、逆行開始日と終了日が書かれてたり、新月と満月の日一覧があったりと、けっこうよく開いて見てたページだったんですよね。 2020年、「誰か」の欲が、 あなたの創造性をじっと見つめているのです。

次の

石井ゆかりさんの手帳【星ダイアリー2020】徹底レビュー!星を読む人は必携です☆

石井 ゆかり 2020 年報

*好きなことのための「苦労」。 あなたの守護霊に話しかけてみます」と言った途端、押し黙ります。 特に結婚を望んでいる人、パートナーを探している人には、ある意味「正式な」オファーがもたらされる気配があります。 自分で星を読むために活用します!っていう場合は、別にどちらを買ったっていいと思うんですよね。 自分自身にどんな星の影響がもたらされるか。

次の

石井ゆかり 公式ブログ

石井 ゆかり 2020 年報

去年までは星ダイアリーで用いられてた12星座別の表紙と1年をあらわすテーマ。 *自分の力の「範囲外」から訪れるきっかけ。 で、何が言いたいかというと。 爽やかに学ぶことができる、「勉強が捗る」ときです。 すでに2017年の終わりから土星がこの6室に位置しており、真に自分に合った役割や任務、使命や暮らし方を求めて、試行錯誤を続けてきている、という人も多いでしょう。 これなら安心して鑑定をしてもらえそうです。 また、2019年中に開拓した人脈から、新しい情熱があなたの世界に流れ込んでくるかもしれません。

次の

石井ゆかりさんの手帳【星ダイアリー2020】徹底レビュー!星を読む人は必携です☆

石井 ゆかり 2020 年報

一人で黙々と取り組んでいたのに 周囲にいつのまにか、 たくさんの人が集まってきます。 カップルも月の前半は外に出る機会が多そうですが、半ばを過ぎると二人だけの「閉じた」世界を楽しみたくなるでしょう。 遠出する人が多いでしょう。 同時に複数のイベントの幕がどんどん上がっていくので、ついていくので精一杯かもしれません。 *物質的な獲物、新しい戦い方。 ただ、「始まり」のスケールとしては、前回よりも今回の方が「大きい」イメージです。 心を大きく開いて語り合える、宝物のような時間が巡ってきます。

次の