黒川 温泉 旅館 おすすめ。 絶対行きたい熊本県の旅館7選。温泉も食事もはずさない1万円台の旅館

黒川温泉のおすすめ日帰り温泉 10選|ゆこゆこ

黒川 温泉 旅館 おすすめ

(子ども入湯手形は1枚700円税込) 1枚で3ヶ所の温泉を回ることができてとってもお得! 入湯手形の利用が可能な温泉施設へ行って、フロントで手形のステッカーをはがしてもらったらお風呂へGO! 施設によっては湯上りの牛乳やサイダーなどの割引も受けられるとってもお得なサービスを受けることもでますよ。 オレンジ• 麦焼おこげ そしてあか牛のステーキ!! もう熊本名物を満喫しまくりですね! 食事・留椀 あれ・・・写真がない。 ここで注意書きがあり、 ロフト付きやツリーハウス風お部屋は大人専用客室となっていて、小さなお子様の同伴は予約ができないのでファミリーで行かれる方は他の客室になります。 薄明りで幻想的な雰囲気に包まれている穴湯。 利用期間: 1月1日 ~ 12月31日• 温泉は、雑木林に囲まれた源泉かけ流しの露天風呂が自慢。

次の

黒川温泉の旅館・宿泊施設ならここ!温泉宿おすすめランキング29選

黒川 温泉 旅館 おすすめ

また、きららのお食事処もあり、そちらで会席料理などを味わうこともできます。 お部屋は和室が全部で13室の2階建ての建物には、 エレベーターがなくて階の移動は丹念に磨き込まれて黒光りする手すりの階段です。 <室名 石竹(せきちく)> 大きなお部屋に 10畳の和室、板場を配して仕切りなしで隣にはベッドルーム、お部屋には檜の露天風呂と石の内風呂をもつバリアフリーなモダンな和洋室もあります。 お風呂はすべて源泉掛け流しで、3つの露天風呂と内湯があり、広めのお風呂はゆったりと入ることができます。 派手さを抑えた、 黒川温泉そのままのお宿をご堪能下さい。 1986年以降、「温泉街全体がまるでひとつの旅館のよう」というコンセプトで「入湯手形」を作り、メディアで取り上げられるようになって、少しずつ温泉ファンの心をつかんでいったのです。 洗面台もスッキリしていました。

次の

黒川温泉の旅館・宿泊施設ならここ!温泉宿おすすめランキング29選

黒川 温泉 旅館 おすすめ

このページは 「黒川温泉付近におすすめの高級旅館は無いかな?」 「出来れば露天風呂付き客室の宿が良いな。 山河には足湯もありますのでここで少し休むということも出来ます。 駐車場 屋内駐車場:なし 屋外駐車場:あり• 大人 500円 、小学生 300円 、幼児 200円 (最新情報は参考サイトをご参照ください) 客室露天風呂 なし 源泉かけ流し なし、または不明 子連れ 赤ちゃん・キッズ歓迎の印象 独自採点 9. 春野菜と大阿蘇鶏摘入鍋• 事前にご自身でお問い合わせください。 。 部屋付き風呂と大浴場で選びましたが、大正解! 露天、内風呂、部屋付きと時間を変えて、冬の温泉を楽しみました。 ゴルフ 阿蘇プリンスG.C• 日帰り客も混浴風呂と男女別大浴場の両方を利用できます。

次の

黒川温泉のおすすめ旅館と観光情報 [温泉] All About

黒川 温泉 旅館 おすすめ

。 料金:無料 屋外駐車場:あり• よって、日帰りでも宿泊でも、入湯手形を購入して三軒の露天風呂めぐりをするのが一番のおすすめ。 22 九州・熊本県で有名な温泉地、黒川温泉。 有料ではありますが、通常の岩盤浴やエステもあり、リラックスする時間を過ごせます。 旅行客は「入湯手形」を購入することで3箇所の露天風呂を楽しむことが出来ます。 ロビーからの田の原川の見渡していると、「黒川温泉に来たんだぁ」とほっとしている自分に気が付きます。

次の

黒川の温泉宿 人気旅館ランキング厳選10

黒川 温泉 旅館 おすすめ

お風呂の種類も内湯・露天風呂・家族風呂とあり、いろいろ楽しめるのも温泉旅館の醍醐味ですね。 母屋のお部屋は、すっきりとした明るい純和風の客室になっており、離れには露天風呂付きの客室や、囲炉裏のあるお部屋など、田舎の古民家のような雰囲気のお部屋が揃います。 有料・無料区分:無料• 事前予約:不要• 旅館 山河の詳細情報 施設名 旅館 山河 目的・特徴• ものすごく紹介が重く始まってしまいましたが、 御用宿は当時「御客屋」と呼ばれたのですが、そのままこの 旅館の名前になったとのことです。 袱紗味噌 水菓子• ゴルフ 阿蘇やまなみGC• 旬の食材を使った美しい料理に、名物の馬刺しや肥後牛のステーキも味わうことができます。 どちらのお風呂も24時間開放されているので、好きな時に温泉を楽しむことができます。 電話番号• 最新の情報は、お客様ご自身でご確認ください。

次の

黒川温泉の旅館・宿泊施設ならここ!温泉宿おすすめランキング29選

黒川 温泉 旅館 おすすめ

内風呂「薬師の湯」女性用の入り口はこんな感じです。 500円(最新情報は参考サイトをご参照ください) 客室露天風呂 なし 源泉かけ流し 源泉かけ流しがある 子連れ 赤ちゃん・キッズ歓迎の印象 独自採点 9. 入浴料• ゴルフ 阿蘇東急GC• 飲みすぎて撮り忘れました。 お風呂は男女別の内湯があり、大正ロマンを感じる雰囲気の浴室に、なぜだか心を癒されます。 続いて、貸し切りの家族風呂です。 ハイキング• 他にも 大浴場と岩風呂、檜、大理石を使った貸切風呂、立ち湯と寝湯がありますのでそれぞれ趣が変わって温泉三昧です。 露天風呂、野天風呂、半露天風呂に家族風呂、全てが飾り立てずに昔のままであるかのようで照明も必要な明るさのみ、外からの光をそっと取り入れています。 もちろん、貸切ではない内風呂や露天風呂も完備。

次の

絶対行きたい熊本県の旅館7選。温泉も食事もはずさない1万円台の旅館

黒川 温泉 旅館 おすすめ

温泉街の景観も損ねないように、宿の看板や案内板、ガードレールまでも温泉街に合う自然なものをということで、すべて決まりがあり統一されています。 他にも無料の足湯があるので、足湯につかりながらゆっくりとおしゃべりを楽しむのも良さそう。 この記事の目次• 写真はあまり取れませんでしたので、その他お風呂の写真は旅行サイトの写真を見てみてください。 JR「阿蘇駅」から路線バスに乗って「南小国町役場前」で別の路線バスに乗り換えれば黒川温泉に着きます。 夕食には地元の旬の食材を使った、四季を感じられる会席料理をいただけて、朝食には料理長こだわりの女性に嬉しい豆乳を使ったメニューなどもあり、チェックインの際に白米かお粥のどちらかを選べます。 中学生以上500円、3歳以上~小学生300円(最新情報は参考サイトをご参照ください) 客室露天風呂 部屋に客室露天風呂(温泉)がある 源泉かけ流し なし、または不明 子連れ 赤ちゃん・キッズは連れていきにくそう 独自採点 4. こちらは入湯手形で入れるお風呂です。

次の