もしもし の 由来。 「もしもし」はビジネスでは失礼!意味や語源、正しい使い方、英語を徹底解説!

電話で「もしもし」って言うのはなぜ?その意味や由来はなに?

もしもし の 由来

なるほど」でした! この問題以外にも、思わず人前で披露したくなる楽しい雑学クイズ問題を用意しています。 私は何かあれば、とにかく「お世話になっております」という言葉を発しています。 『もしもし』の由来からは、なぜ失礼に当たるのかわかりにくいですよね。 確かに言葉を短くした言い方って、少し軽いイメージがありますよね。 クッション言葉ではなくても、「おはようございます」など挨拶を述べるのも良いです。

次の

もしもし とは

もしもし の 由来

電話の呼びかけに「もしもし」が使われるようになったのは、電話交換手が中継ぎをしていた為、繋ぐ相手に失礼とならないように「申し上げます」と言っていたことによる。 電話を受ける側であっても「もしもし」は失礼 ビジネスシーンで電話を受けたとき、相手が「もしもし」と言ってきたとしても 「もしもし」と返答するのはマナー違反となります。 この最初の確認作業で念押しするため、2回繰り返していたという説があります。 電話応対は業務の基礎中の基礎ですが、その会社のイメージを左右する大事な最初の窓口です。 この言葉の語源や由来は今は一般的ではない 「電話交換手」という職業からきているのです。

次の

電話で「もしもし」って言うのはなぜ?その意味や由来はなに?

もしもし の 由来

時を遡り、時代は大正時代。 「もしもし」の由来 もしもしは、「申し もうし 」を連ねて短縮された言葉なのだそうです。 ビジネスシーンではいかなる場合でも「もしもし」は使わないようにしましょう。 【スポンサードリンク】 『もしもし』を回避する方法 では、どうしたら『もしもし』ということを回避することができるでしょうか? こちらでは、クッション言葉を用いて『もしもし』を回避する方法をご紹介します。 アラビア・・・ アロー• ドイツ・・・ ハロ -• 普段から使い慣れている「もしもし」が使えないとなると、何を喋ればいいのか電話口で困ってしまう人も多いですよね。 ちなみに「 もしもし」はこのように 略語のため、 ビジネスにおいては失礼にあたるので使ってはいけないそうです。 「もしもし」の由来と意味 普段、疑問にも思わずに使っている「もしもし」ですが、元来この言葉は「申す申す」の略語がルーツです。

次の

電話でもしもしの由来は?失礼な言葉だった?意味を調べてみよう!

もしもし の 由来

今のように、番号を押したら直接相手に声を届けることは出来なかったのですね。 インドネシア・・・ ハロ• 一言コメント You may use these HTML tags and attributes: ニックネーム 上に表示された文字を入力してください。 二回同じことを繰り返すのは妖怪対策? 「もしもし」の「もし」は「申します」を略した言葉で、それを二回繰り返しています。 とはいえ、ビジネスシーンでは、「もしもし」はNGと知った以上、音声の確認時に「もしもし、もしもし」というのに抵抗があるようでしたら、「恐れ入ります」「〇〇様」「〇〇さん」等と呼びかけるといいでしょう。 もっと電話の歴史を知りたくなったら「」で分かりやすく解説されているので、ぜひ読んでみてください。 ビジネスシーンで自然にこれらの言葉遣いが出来るようになれば、ビジネスマンとして合格ですよね。

次の

「もしもし」 の由来と語源

もしもし の 由来

また「なるほど」という相槌についても、上から目線の言葉であることから、ビジネスシーンではマナー違反だとされている。 そして、この「もうします もうします」が短くなっていて、今の「もしもし!」に変化していったとの事。 お世話になっております• 電話の呼びかけに「もしもし」が使われるようになったのは、電話交換手の存在があったそうです。 イタリア語は「Pronto」 イタリア語で「もしもし」は 「Pronto」になります。 ご存知でしたか? 今まで『もしもし』が失礼な言葉だなんて聞いた事もありません!という方も多いでしょう。 まとめ 「もしもし」というのは、電話が開通後、電話交換手が相手に失礼にならないように言っていた「申し上げます」を連ね短縮された言葉です。

次の

【もしもし語源】おいおい→申す申す→モシモシ

もしもし の 由来

音声が聞き取りづらい時 電話の音声が聞き取りづらい時にも、「もしもし? ただ、その当時の電話は今ほどクリアな音声ではなく、雑音などが混じって聞こえにくいものでした。 代わりに「お世話になっております。 この当時の人達は誰かに話をする際に「申し もうし 」という言葉を使っていました。 電話の「もしもし」は人に呼びかけるという意味が適切なので2の色が強そうですね。 この電話交換手が、繋ぐ相手に対して連絡をする際 上記でいう3の工程です に、 失礼とならぬよう第一声を「申し上げます、申し上げます」としていました。 言い伝えが影響して、現在でも、相手の姿が見えない電話では「もしもし」と言うのが定例となっているのです。 この頃は、高級官僚や実業家など社会的地位の高い人しか電話を持っておらず、また電話機の性能が悪くて聞き取りづらかったため、まずは「おいおい」と呼びかけ、「はい、ようござんす」という返答するというのが一般的だったとされています。

次の