嵐 大宮 ブログ。 嵐 大野智×二宮和也の“大宮コンビ”はなぜ愛される? 歴史の長い二人の関係性を探る

大野智が嫌いだ。

嵐 大宮 ブログ

どう考えてもアイドルとしての自覚は無いし、 ファンを幸せにしたいとも考えていない。 嵐らしい、優しさの皮で包まれた呪いだ。 お願いだから、帰って来ないでくれ。 はダンスが抜群に上手い。 しかし、そんな大野を見る二宮の眼差しは、いたずらっぽさとともに愛情にあふれている。 「例えば釣りをしていても、明日は仕事だなとか考える。 「rawra」 レイカさん• そこに嘘は無いだろう。

次の

大野智が嫌いだ。

嵐 大宮 ブログ

のコメントは抜群に面白い。 」」 有沙さん• 」とすっぱーんばっさーと断る男だ。 「Heartful Days」 瀬奈みらくさん• 「ROOM BECAUSE OF BECOMING SALACIOUSLY」 高羽紅さん• 破綻は幸福を生まない。 一部のファンは「辞めたかったのに、我慢して続けてくれてありがとう」と言う。 辞めたいのに我慢して続けているアイドルになんの価値があって、あまつさえ感謝なんてするんだろう。 心の底から思う、と出会いたくなかったと。 嵐への愛が、20年ずるずると活動を続ける原動力だったんだろう。

次の

大野智が嫌いだ。

嵐 大宮 ブログ

まさに「大野を理解しているのはこの俺だ」と言わんばかりだ。 復帰なんてあり得ない。 自分のやりたいことをやるのがだ。 「戯言」 逢沢吉良さん• が好きだった。 これはとんでもなく長い時間をかけた、茶番だ。 嵐の物語を「おしまい」でくくることはできなかったんだろう。

次の

大野智が嫌いだ。

嵐 大宮 ブログ

そしてなによりは、人から愛される才能が半端ない。 その場所に立ちたくても立てなかった人が沢山いる中、強靭なメンタルでよく立ち続けたよ。 母ちゃんが勝手にオーディション申し込んだだけなのに。 その数年後、自分の作品集のクレジットに彼女の名前を忍ばせて売った。 Twitter上では「 大宮の日」のハッシュタグとともに、大宮コンビに向けたファンの声が多くあがっていた。 不良品だと思った。 20年間も騙し騙しでよくやったと思うよ。

次の

大野智が嫌いだ。

嵐 大宮 ブログ

一度そういうものから開放されたい」 こんな理由で「辞めたい」と思った人間に、 再びアイドルをやる資格は無い。 は歌が抜群に上手い。 「嵐になる直前、事務所を辞めるつもりだった。 本当に、その持ち前の頑固さで、さっさと辞めてりゃ良かった。 当時の私は、にアイドルを名乗る資格は無いと思った。 辞めたいなんて、辞めたかったなんて、んだアイドルは。

次の

嵐 大野智×二宮和也の“大宮コンビ”はなぜ愛される? 歴史の長い二人の関係性を探る

嵐 大宮 ブログ

その中でもっとも多かったのは「二人がいちゃいちゃする姿、ちょっかいを出し合う姿が好き」というものだ。 「辞めたかった」というのはがこれまでに何度も口にした言葉だ。 過去には「大宮SK」というパフォーマンスユニットを組んで、オリジナルソングを披露したこともあった。 番組中も大野のとぼけた発言にツッコミを入れるのはだいたい二宮だ。 それなのに「またいつか」なんて言葉を使うのは、その中身は、本当に優しさだろうか。 「アイドル」はファンを幸せにするのが仕事だ。 先日放送された『嵐にしやがれ』でも、絶品の鳥わさに舌鼓を打つ大野の「半生なんだね」というコメントに、「もともとそうだから」と真っ先にツッコミを入れたのも二宮だった。

次の