聖女 様 いいえ。 ヒロイン?聖女?いいえ、オールワークスメイドです(誇)!

『聖女さま? いいえ、通りすがりの魔物使いです ~絶対無敵の聖女はモフモフと旅をする~』のコミカライズ連載が先行開始

聖女 様 いいえ

「そ、そんな……! 俺たちはお嬢さんに酷いことをしようとしたのに、なんでそこまでしてくれるんですか……!」 「んー」 カナタは少し考えた。 私には予感があります。 。 好奇の視線にさらされても、表情を変えることさえない。 ライフォード・オーギュスト。

次の

聖女さま? いいえ、しがない食堂の料理番です(書籍:まきこまれ料理番の異世界ごはん)

聖女 様 いいえ

人形のように白い肌。 久しぶりに顕現した聖女を、みすみす魔物使いなどと言う最底辺の職業にさせてしまうなんて。 カナタは軽く息をついて、群衆の中からチンピラ二人を呼び寄せる。 今日もなんてお美しい……」 「やっぱり、カナタ様の適性職は聖女かしら?」 「賢者かも知れないわ。 本作は小説投稿サイト「」発の作品で、異世界へと転生し「聖女」の再来とまで謳われた少女が、最弱とも言われる「魔物使い」の職業を選んで始まるチート聖女のモフモフ紀行を描く。 だが今は職務中だ。 ともかくだ。

次の

第21話 人々を癒す

聖女 様 いいえ

「聖女様、勝手に動かれては困ります。 お断りだし元の世界に帰せ! と怒り狂う彩香だが、訴えを聞いてもらえないどころか、帰る方法もわからない。 」 黒と白に彩られたスカートをなびかせ、少女は叫んだ。 ええ、似た声だとは思っていたけれど、ご本人だなんて思わないじゃない。 皆それだけ、カナタの適性職業が気になるのだ。

次の

聖女さま? いいえ、通りすがりの魔物使いです ~絶対無敵の聖女はモフモフと旅をする~(犬魔人)

聖女 様 いいえ

無自覚に運命をぶち壊す、勘違いお仕事ファンタジー! モフモフしてるなら魔物の強さなんて関係ない。 おかげさまで、ずっとなりたかった職業になれました」 にっこり。 話題はいま到着したばかりのカナタに関することばかりだ。 文武両道にして容姿端麗。 「良かった……」 安心したようにカナタはほっと息をつき、躊躇なくその職業の神字に触れた。

次の

聖女さま? いいえ、しがない食堂の料理番です(書籍:まきこまれ料理番の異世界ごはん)

聖女 様 いいえ

まるで時が止まったかのように静寂を取り戻す店内。 見送る乙女たちが、ほぅと息をつく。 「なっ……!?」 「「「きゃあああああああああっ!?」」」 神父が腰を抜かし、女生徒たちが悲鳴を上げる。 「これで、あなたの儀式は終了です。 大抵は一つか二つ。 そうすれば思う存分モフモフさせてもらえる。 氷の姫君と呼ばれることさえあったカナタの、誰も見たことのない満面の笑顔だった。

次の

聖女さま? いいえ、通りすがりの魔物使いです ~絶対無敵の聖女はモフモフと旅をする~

聖女 様 いいえ

以下、仲間になっても特に戦わせて貰えないモフモフたち。 しかし二人と私が召喚されたせいで、誰が護衛につくか少し揉めたみたい。 まず修正部分。 「静粛に、静粛に。 「まぁ、それとこれとは別として、召喚魔法ってやつ? を蘇らせた奴はぶっとばすわ。 城下に住みたいと申し出たのは私ですし、今の生活に満足していますので」 「お気づかいありがとうございます。 「黒梟組、カナタ・アルデザイアさん」 「……。

次の

ヒロイン?聖女?いいえ、オールワークスメイドです(誇)!

聖女 様 いいえ

「か、カナタ・アルデザイアさんっ?」 神父は信じられないものを見たという顔をしていた。 また、掛け合い自体はある物の反応がかなり抑えめになってしまって大いに笑って盛り上がれたシーンが、何の感じないごく普通のシーンになってたりと、修正部分で相当損をしています。 神父が言ったように、職業は恩恵を与えてくれるものであって、個人の将来を確定させるものではないのだ。 「お母ちゃん! 胸、もう苦しくないよ!」 「咳だけじゃないぞ! 長年煩っていた足腰の痛みまで消えておる!」 「目が、目が見える……! また娘の顔が見える日が来るなんて……!」 「う、腕が! 無くなった俺の腕が……!」 弱った子供が、衰えた老人が、盲いた母が、腕と職を失った父が。 「お初にお目にかかります。

次の