カフェ アラジン 足利。 屋台カフェ・アラジンのドキュメント72時間!栃木県足利市1杯400円のコーヒーで場所は?

NHK「ドキュメント72時間」がきた!|小さな屋台カフェのある栃木県足利市にコーヒーを求めて|MBC マーシーブログカフェ

カフェ アラジン 足利

【語り】市川実日子 2020年3月6日 金 午後10時50分~ 午後11時19分に放送 で営業情報の確認する 「JR両毛線 足利駅 北口」から徒歩18分 公式ホームページだと15分になっていましたが、Googleマップだと18分です。 夜空に上るコーヒーの湯気をランプが照らす、異国情緒あふれる空間 『カフェ アラジン』が店を開いたのは、昭和46年のとき。 道もわかりやすいので迷うことはないですね。 これまで多数のTV局や雑誌社の取材があり知名度も高い。 反対していたのに、 とても優しいご家族 ですね。 現在は兄の 阿部哲夫さん(75歳)と 弟の 阿部次郎さん(70歳)さんの 2人で、 屋台のコーヒー店「カフェアラジン」 を運営されています。

次の

カフェ アラジンの口コミ一覧

カフェ アラジン 足利

今回の放送は あなたの胸にはどう響くのでしょうか? japanawaits がシェアした投稿 — 2019年 5月月4日午前3時07分PDT 足利織姫神社のご由緒 ご祭神は、機織(はたおり)をつかさどる『天御鉾命』と織女である『天八千々姫命』の二柱の神様です。 よっぽどそのコーヒーにはこだわりがあるんでしょうね。 お店のスタイルをパクっていいかと尋ねると、どうぞとあっさりwww ただ、冬が寒いので、体を鍛えてやらないといけないよってアドバイスまで。 でも、ここめがけて、北海道から沖縄からお客さんが来るそうだ。 スポンサードリンク 阿部弥四郎さんは、 初めはずっと一人でコーヒー店を運営されて いましたが、お店が繁盛し、食事もちゃんと 取れなかったりトイレにも行けなかったり するほど忙しくなりました。

次の

栃木県足利市の屋台カフェの場所はどこ?メニュー/料金/口コミとマスター(店主)は70代の兄弟?誰?店名アラジン/ドキュメント72時間

カフェ アラジン 足利

しかし 阿部弥四郎さんは家族に反対 されながらも、 「カフェアラジン」 を始めました。 栃木県足利市の国道沿いに毎夜現れる、屋台のコーヒー店が舞台。 大人になっていくほど 涙がよく出てしまうのは 一人で生きていけるからだと 信じて止まない この歌が終わりに 胸に じわっと、 時に ぞくっと、 たまに ふわっと沁みるんです。 というのも、この 「カフェ アラジン」さんは足利市で昭和46年9月から48年間も当時のまま営業してきた屋台のカフェだからです。 屋台カフェ・アラジンは栃木県足利市の足利市民会館あたりの決まった場所に毎夜現れる。 スポンサードリンク カフェアラジンの場所 店名:カフェアラジン(CAFE ARAGIN) 住所:栃木県足利市有楽町836 電話番号:090-7009-0188 営業時間: [10月~梅雨前] 14:00~00:00 [梅雨入り~9月] 17:00~00:00 定休日:不定休 アクセス: JR両毛線「足利駅」より徒歩約15分 東武伊勢崎線「足利市駅」より徒歩約20分 メニュー:ブレンドコーヒー・・400円(税込) 屋台コーヒー店「カフェアラジン」は 1971年、阿部さん兄弟の父親 阿部弥四郎 やしろう)さんがオープンした お店です。

次の

栃木県足利市の屋台カフェの場所はどこ?メニュー/料金/口コミとマスター(店主)は70代の兄弟?誰?店名アラジン/ドキュメント72時間

カフェ アラジン 足利

ドキュメント72時間でも父・弥四郎さんのストーリーが語られるのかもしれません。 そしてその後、割烹料理の料理人を辞めて兄・哲夫さんが手伝うようになり、現在に至るそうです。 栃木県足利市の国道沿いに毎夜現れる、屋台のコーヒー店が舞台。 ドキュメント72時間で紹介された 屋台のコーヒー店「カフェアラジン」 の 場所はどこにあるのでしょうか? カフェアラジンのツイッターや営業時間NHK 駐車場などを調べてみました。 足利といえば渡良瀬川、渡良瀬川といえば森高千里さんの『渡良瀬橋』である。 営業情報は、 「阿部次郎」名義のツイッターで告知 していますので、 怪しいと思う日は確認してくださいね。 駐車場は足利市民会館を利用 私たちは車で訪れました。

次の

ドキュメント72時間の屋台コーヒー店(カフェアラジン)の場所!ツイッターと営業時間や駐車場は?NHK・足利市

カフェ アラジン 足利

是非ご参考ください。 コーヒーだけで満たされるウワサ通りの店やった。 屋台なので、決まった住所がありませんが、地元の人に聞けばだれでも知っています。 instagram. 阿部弥四郎さんは、 トルコなどの中近東の 雰囲気が好きになり、そこで飲んだ、 屋台の コーヒー店に感銘を受けたそう。 「足利市駅」から 「カフェ アラジン」まで およそ30分で到着できますね。 詳細を確認する場合は 地図を広げてくださいね。

次の

カフェ アラジンの口コミ一覧

カフェ アラジン 足利

しかし 1985年、父親の 阿部弥四郎さんが 亡くなりました。 お店に立つのは70歳を超えた兄弟。 人々が集まり、コーヒーを飲みながら語り合う、憩いの場所。 そこまでするほど、優しいご家族だった ということが、 屋台のコーヒー店 「カフェアラジン」の魅力のひとつ かもしれませんね。 また、直接電話でも確認できる そうですが、いつでも繋がるわけではない ので、まずは ツイッターからの確認を した方がいいですね^^ では次に 「カフェアラジン」のツイッターを みていきましょう! スポンサードリンク 3.ドキュメント72時間の屋台コーヒー店「カフェアラジン」のツイッターは? ドキュメント72時間の 屋台コーヒー店 「カフェアラジン」の ツイッターで 営業時間と定休日を確認することが できます! といっても、 「カフェアラジン」ではなく 「阿部次郎」さんのアカウントで作成 されているので注意ですね。 スポンサードリンク ドキュメント72時間の屋台カフェの1杯400円のコーヒーにかける思い ドキュメント72時間の栃木県足利市にある屋台カフェ・アラジンの特徴としては、提供するメニューは、400円のコーヒーだけという点ではないでしょうか。 より引用 縁結びの神社で有名な織姫神社。

次の

美の壺にも出た

カフェ アラジン 足利

父・弥四郎さんのオリジナルブレンドを、今もそのまま提供しています。 メニューは1杯400円のコーヒーのみ。 この二柱の神様は共同して織物(生地)を織って、天照大御神に献上したといわれています。 なんと50年近くもやっているというから驚きです! そりゃあこの味わいにも納得がいく。 日本大学芸術学部卒、ジョージタウン大学にて修士号を取得。 足利の屋台カフェでコーヒーのんできた、かなりのインスタ映えスポット。

次の

カフェ アラジンの口コミ一覧

カフェ アラジン 足利

店主次郎さんと常連さん、かわずさん、僕の四人で中華料理を食べに行きました。 趣味や世間話で盛り上がります。 そんな 屋台のコーヒー店を営むのは、 兄の 阿部哲夫さんと、弟の 阿部次郎さん。 豆のブレンド、焙煎所、コーヒーの淹れ方まで父の代から変わりません。 詳細を確認する場合は 地図を広げてくださいね。

次の