雪 の いと 高 う 降り たる を 現代 語 訳。 徒然草「木登り名人」の現代語訳

『枕草子』の現代語訳:125

雪 の いと 高 う 降り たる を 現代 語 訳

いかにかく言ふぞ。 その中で、清少納言は、機転をきかせて定子様の意図を汲み取り、 御簾を巻き上げて、雪景色をみせたのです。 もちろん、雪国の人にとっての雪と、そうでない地域の人にとっての雪とでは違いますが。 「今日の大雪を、どうしておられるかとご心配申し上げながら、何ということもない用事の障りがあって、どこそこで一日を過ごしていました。 解説・品詞分解はこちら lscholar. 人々も、 他の女房たちも 「さることは知り、歌などにさへ歌へど、 語句 さること(香炉峰の雪の詩のこと) 「そのような詩のことは知っていて、歌にまで引用して歌うけれど、 思ひこそよらざりつれ。 玄宗皇帝と楊貴妃を描いた「長恨歌」が有名。 読解 ・ さること - 白居易の詩句「香炉峰の雪は簾(すだれ)を撥げて(かかげて)看る(みる)。

次の

枕草子~雪のいと高うはあらで~

雪 の いと 高 う 降り たる を 現代 語 訳

浅緑(あさみどり)の紙に、宰相の君、いとをかしげに書い給へり。 「雪のいと高う降りたるを」の現代語訳 雪のいと高う降りたるを、 語句 いと(たいそう) 雪がたいそう深く降り積もっているのに 例ならず御格子まゐりて、炭櫃に火おこして、 語句 例ならず(いつになく) いつになく御格子をお下ろししたままで、炭櫃に火を起こして 物語などして集まりさぶらふに、 語句 さぶらふ(お仕えする。 それにより、女房を慮る優しい定子様像も伺えます。 285段 陰陽師(おんみょうじ)の所で使われている小さな子供は、とてもよく物事を知っている。 スポンサーリンク [古文・原文] 286段 三月ばかり、物忌(ものいみ)しにとて、かりそめなる所に、人の家に行きたれば、木どもなどのはかばかしからぬ中に、柳といひて例のやうになまめかしうはあらず、葉広く見えてにくげなるを、(清少納言)「あらぬ物なめり」と言へど、「かかるもあり」など言ふに、 さかしらに 柳のまゆの ひろごりて 春の面(おもて)を 伏する宿かな とこそ、見ゆれ。 雪は現代人にとっても特別な感情をかき立てるものがあります。

次の

「雪のいと高う降りたるを」の現代語訳

雪 の いと 高 う 降り たる を 現代 語 訳

宰相の君のお言葉だけでも面白いのに、まして、中宮様の歌の趣きは、おろそかにはできないという気持ちがするので、 (清少納言)「雲の上も 暮しかねける 春の日を 所からとも ながめつるかな(雲の上には長く暮らしかねます。 やはり、この中宮にお仕えする女房としては、そのようにあるべきなのでしょう。 楽天AD [現代語訳] 176段 雪がそんなに高くはなくて、うっすらと降った様子などは、とても風情があるものだ。 女のかぎりしては、さもえ居明かさざらましを、 ただなるよりはをかしう、好きたるありさまなど、言ひあはせたり。 」と言う。 やはり、御教養ゆたかな中宮さまにお仕えするには、才気煥発(さいきかんぱつ)な少納言さんでなくちゃ」といったことだった。 前にもこのブログで紹介したことがある歌ですが、雪は吉兆ともされていました。

次の

枕草子『雪のいと高う降りたるを』現代語訳

雪 の いと 高 う 降り たる を 現代 語 訳

・ さべきなめり - ふさわしいようだ。 蛙が飛び込んで焼けていたのだった。 ・ この官の人 - 中宮定子のこと。 」と仰せらるれば、御格子上げさせて、御簾(みす)を高く上げたれば、笑はせたまふ。 」と仰せらるれば、 語句 少納言よ(清少納言のこと) 香炉峰の雪(漢文の白居易の詩の一節で雪をすだれを上げて見るというエピソードにかけて質問している) いかならむ(どうであろうか) 仰せ(おっしゃる。 私と致しましても、今日はもう千年(ちとせ)を過ごすような気持ちですから、明日の明け方には、早く参上されて下さい」と手紙には書いてある。 」と言ふ。

次の

「雪のいと高う降りたるを」の現代語訳

雪 の いと 高 う 降り たる を 現代 語 訳

」と言ふ。 あけぐれのほどに帰るとて、「雪なにの山に満てり」と誦じたるは、いとをかしきものなり。 」とおっしゃるので、御格子を上げさせて、(私が)御簾を高く上げたところ、お笑いになる。 「少納言 ー ー よ。 この話をより理解するための味わいどころ まず、枕草子の筆者である清少納言は、 藤原定子(以後定子)という中宮の位にあった女性に仕えていたということを覚えておきましょう。

次の

古典の「雪のいと高う降りたるを」の問題

雪 の いと 高 う 降り たる を 現代 語 訳

人々も「さることは知り、歌などにさへ歌へど、思ひこそ寄らざりつれ。 [ 原文 ] 雪のいと高う降りたるを、例ならず御格子参らせて、炭櫃に火おこして、物語などして、集まり候ふに、「少納言よ、香炉峰の雪、いかならむ。 この君ののたまひたらむだに、をかしかべきに、まして、おほせ言のさまは、おろかならぬ心地すれば、 (清少納言)「雲の上も 暮しかねける 春の日を 所からとも ながめつるかな 私には、今宵のほども、少将にやなり侍らむとすらむ」とて、暁にまゐりたれば、(宮)「昨日の返し、『かねける』いとにくし。 「(綺麗な雪景色を見て)歌などを詠むのは、世の中で当たり前のことである。 謙譲語で、こういう場合古文では、誰に対しての敬意かということを確認していく。 人々も、「そのようなことは知り、歌などにまで歌うが、思いもよらなかった。

次の

枕草子~雪のいと高うはあらで~

雪 の いと 高 う 降り たる を 現代 語 訳

中盤から出てくる男の話は、実際に清少納言が経験したことなのか、あるいは理想像として書いたものなのか。 円座(ざぶとん)を差し出したけれど、一方の足を地面に下ろしたままで、鐘の音などが聞こえる頃まで、部屋の中でも外でも、こうして話し合っている事には、飽きるということがないように思われた。 宵もや過ぎぬらんと思ふほどに、沓の音近う聞こゆれば、 あやしと見出だしたるに、時々かやうの折に、覚えなく見ゆる人なりけり。 」と言う。 四角い火鉢。 」と仰せらるれば、御格子上げさせて、御簾を高く上げたれば、笑はせたまふ。

次の