私 はご 都合 主義 解決 担当 の 王女 で ある。 【私はご都合主義な解決担当の王女である 1巻】ネタバレ

私はご都合主義解決担当の王女である

私 はご 都合 主義 解決 担当 の 王女 で ある

主人公は他の登場人物に比べて楽観的な部分もありますがそれが逆におもしろく読めました。 しかも上記の状況だけなら上質王道な『王女と騎士の冒険恋愛譚』なのに。 つまり両想いのハードルが上がっている世界観なんです。 けれど、読んでいるのと現実なのとはまた違っていて。 その為、手探りの状況があり、完全な知識チートではないのが良い点だと思った。 なぜ自分のことを騎士に選んだのかと問われ、 適当に選んだとはいえず空からのお告げと答えると クリフォードは一瞬怒りを見せます。

次の

私はご都合主義な解決担当の王女である |無料試し読みなら漫画(マンガ)・電子書籍のコミックシーモア

私 はご 都合 主義 解決 担当 の 王女 で ある

本来ならセリウスは、シルの傍にこそ居たいはずで。 「いずれ生まれる自分の子供を兄とその恋人シルの子供として育てればいい」 bL小説で読んでいた時は、読者として安心したものの当事者となった今は耐えられない・・・ 王女に生まれた義務はあっても兄も次期国王の義務を果たせよとイライラ。 その愛読書である異世界を舞台にしたBL小説 「高潔の王」の世界に転生してしまったのでした。 ちなみにこの巻は起承転結の起部分ですが、伏線や謎は多そうです。 この国は国王が男性配偶者を選んできたから、今までも王子も全部自分の姉か妹夫婦の子供がなってきた。 イケメンは(男と)くっつくと思え! そんな中で愛のある結婚を模索する王女オクタヴィアの恋愛ファンタジー。 オクタヴィアの元に剣が飛んできて クリフォードにより助けられます。

次の

私はご都合主義な解決担当の王女である 1の通販/まめちょろ B's‐LOG文庫

私 はご 都合 主義 解決 担当 の 王女 で ある

前世のオクタヴィアはBLずきの女子高生。 二次元なら楽しめるけどリアルだとこうなるよね!って感じですね。 普通に面白いので気になる方はぜひ! 漫画版も面白いですからとりあえずならそちらからでも!! 異世界転生ものは最近溢れていますが、同性愛公認の世界へまさか飛ばされてしまうとは!しかも王女! 私たちのいる世界でBLを読んだりしている分にはニヤニヤで終わってしまう物事も、立場が変わればそうにもいかない!というのがヒロインの切実な叫び。 セリウスはクリフォードのことをオンガルヌの使者が味方?と怪しみますが、 そのことは誰にもいえないと心に秘めます。 ですがすぐに男の恋人を作って移動してしまうこと5回。

次の

【私はご都合主義な解決担当の王女である 1巻】ネタバレ

私 はご 都合 主義 解決 担当 の 王女 で ある

自分自身のためだけに動いて発言しているのに深読みしちゃう周りwww タイトルの真意はわかりませんけど、展開がとても面白いので、2巻は買おうと思います。 それが大前提なのである……! けれども、前世の記憶がなまじあるせいで、オクタヴィアの役目がどうも受け入れがたい。 当たり前だ、兄である王子と恋人 男 の間に世継ぎは生まれないのだから……そんなわけでこのままいけば兄である王子とその恋人の世継ぎ製造機だと思われているのでは!?と内心モヤモヤ。 これアニメ化しそうですね。 シルとセリウスの友人であるデレクは、セリウスのその考えを否定します。

次の

私はご都合主義な解決担当の王女である (ビーズログ文庫)

私 はご 都合 主義 解決 担当 の 王女 で ある

しかし、すぐに男作っていなくなるだろうと自分の護衛の騎士は恋愛対象外においています。 ルストは純愛貴族派であり、兄と対立しているため、 兄の鼻を明かす為といえば協力してくれるはず・・・ その作戦のためにも、クリフォードが彼氏を作っていなくなると 気軽に外出できなくなると考えたオクタヴィアはクリフォードに やめる予定はあるのか??と尋ねます。 BL社会の闇を孕んだ作品ですね 笑 多くの作品で王族・貴族の結婚は義務も同然といった中で新しいアプローチの作品です。 主人公は男性愛(結婚も含む)が盛んというか、ノンケが白い目で見られるような国の王女。 また、兄弟たちは実は従兄弟なのでした。

次の

私はご都合主義解決担当の王女である

私 はご 都合 主義 解決 担当 の 王女 で ある

次巻の為にも気になった方 是非ご購入の検討を。 それだけではなく、王城内や貴族はBLカップルだらけ。 結構あからさまにBL描写入って来るので、そういうの大嫌いな人は乙女系には多そうだから好き嫌いは分かれそうである。 あなたを最後にしたい、というオクタヴィアに クリフォードは従うことを誓います。 ご都合主義なところは大体出てきているけど、解決担当の部分がどのこと言っているのか???なのでその辺は今後に期待でしょうか。

次の