あいし ん か くら ふぎ。 大正改訳聖書

第74回日本癌学会学術総会

あいし ん か くら ふぎ

思ふ件 くたん の尺八ハ」 【挿絵】〈常武 つねたけ 姦計 かんけい 小文吾 こぶんこ を讒言 ざんけん す〉」 38」 並 なみ 四郎か盗 ぬすみ とりしに領主 りやうしゆ の詮義 せんぎ 厳 きび しけれバ年來 としごろ 深 ふか く隠 かく し置 おき しを我 われ に与 あた へて此 この 笛 ふへ の盗人 ぬすひと なりと訴 うつた へ出 いで 夫 おつと の敵 あだ を報 むく はんとする女 をんな がたくみとおほへたりといはれて畑上 はたかみ はじめて悟 さと りまづ四五人の組子 くみこ 等 ら に舩虫 ふなむし をうち守 まも らせ残 のこ る組 くみ 子を村長 むらおさ に案内をさせて舩虫 ふなむし が家 いへ のすみ/\見て來 こ よといはれて忽地 たちまち 走行 はせゆき しか暫 しはら く有 あつ て立帰 たちかへ り件 くたん の笛 ふゑ を持來 もちきた れハ語路 ごろ 五郎得 とく と改 あらた め寔 まこと にたがはぬ當家 とうけ の重宝 ちやうほう。 えっと・・・これは・・・。 2 假令 たとひ われ 預言 よげん する 能力 ちから あり、 又 また すべての 奧義 おくぎ と 凡 すべ ての 知識 ちしき とに 達 たっ し、また 山 やま を 移 うつ すほどの 大 おほい なる 信仰 しんかう ありとも、 愛 あい なくば 數 かぞ ふるに 足 た らず。 かれら 橄欖山 ( かんらんざん )のベテパゲに 至 ( いた )りエルサレムに 近 ( ちかづ )ける 時 ( とき )イエス 二人 ( ふたり )の 弟子 ( でし )を 遣 ( つかは )さんとして• ごへんは よも あやまり ましまさじと もうされ そうろう. まつうらのたらうしげとしうけたまはつて、てあしをはさみ、さまざまにしていためとふ。 人 ( ひと )を 議 ( ぎ )すること 勿 ( なか )れ 恐 ( おそら )くは 爾曹 ( なんぢら )もまた 議 ( ぎ )せられん• 犬田 いぬた ハその儘 まゝ 村長 むらおさ 方 かた へ畄 とゞ め置 おく こそよからめといゝ送 をく りしを何 なに と歟 か 聞 きか れし大切 たいせつ なる科人 とがにん を百姓 ひやくせう どもに預 あづ け置 おき 若 もし あやまちて取迯 とりにが さハ笛 ふえ 共侶 もろとも に紛失 ふんじつ なしたる小篠 をさゝ 落葉 をちば の御 おん 二 タ腰 ふたこし 再 ふたゝ び尋 たづぬ る便 たよ りハあるまじ。

次の

『英名八犬士』(三)

あいし ん か くら ふぎ

8 男 をとこ は 女 をんな より 出 い でずして、 女 をんな は 男 をとこ より 出 い で、 9 男 をとこ は 女 をんな のために 造 つく られずして、 女 をんな は 男 をとこ のために 造 つく られたればなり。 其 ( その ) 時 ( とき )ゼベダイの 子 ( こ ) 等 ( たち )の 母 ( はは )その 子 ( こ )と 偕 ( とも )にイエスに 來 ( きた )り 拜 ( はい )して 彼 ( かれ )に 求 ( もとむ )ること 有 ( あり )ければ• だいしゆしんよをばぢんどうにふりすてたてまつり、なくなくほんざんへぞかへりのぼりける。 我が 大師には 背いて 始めて 叡山に 真言宗を 立てぬ. こんどもほうえんのれいたるべしとて、ぎをんのべつたうごんのだいそうづちようけんにP105おほせ、へいしよくにおよんでぎをんのやしろへいれたてまつらる。 れいせば、にぜんと、ほけきょうとの、いもくよりも、なお、そういあり、にぜんと、しゃくもんとは、そういありといへども、そうじのへんもありぬべし。 まことにわごぜのうらむるもことわりなり。

次の

鹿児島黒豚 あいし

あいし ん か くら ふぎ

せばれいたみのおんな、ないしかんぱくだいじんのおんなにいたるまで、だいおうのたねをくだせばそのうまるこ、おうとなりぬ。 まことにをしかるべし。 かれといひ、これといひ、かたがたなんぢのやうにおぼえさふらふ。 しかん、だいご、このこと。 もちい たまわざれば りんごくに おおせつけて ほけきょう ひぼうの ひとを じばつし たもう あいだ. にふだうもげにもとおもひたまひて、「ときにとつてはしんべうにもまうしたり。 》 こと つ o r 現 神 天. ほけきょうに、また、にきょうあり、いわゆる、しゃくもんとほんもんとなり、ほんしゃくのそういは、すいか、てんちのいもくなり。 これを私に? 指輪に・・・してくれたんですね。

次の

人虎さんFP

あいし ん か くら ふぎ

随つて 人にも 父母 二人 なし. てんじやうのまじはりをだにきらはれしひとのしそんにて、きんじき、ざつぱうをゆり、りようらきんしうをみにまとひ、だいじんのだいしやうになつてきやうだいさうにあひならぶこと、まつだいとはいひながら、ふしぎなりしことどもなり。 とばのゐんのおんときも、ゑちぜんのへいせんじをさんもんへよせられけることは、たうざんをごきゑあさからざるによつてなり。 たやすく 仰せ ある事 いかがと 弟子共 同口に 恐れ 申し 候し 程に. 我 ( われ )いま 十二 ( じふに ) 軍 ( ぐん ) 餘 ( よ )の 天使 ( つかひ )を 我 ( わが ) 父 ( ちち )に 請 ( こひ )て 受 ( うく )ること 能 ( あた )はずと 爾曹 ( なんぢら )おもふ 乎 ( や )• 後生 をそろしく をぼし 給はば 約束の ままに いそぎ 来り 給へ. 告白も嬉しかったですし、愛してもいます・・・。 にちれん、このぎにつきて、だいにちきょう、けごんきょう、ねはんぎょうなどを、かんがえみそうらうに、みな、ずいたいのきょうきょうなり。 3われ 身 み は 汝 なんぢ らを 離 はな れ 居 を れども、 心 こころ は 偕 とも に 在 あ りて 其處 そこ に 居 を るごとく、かかる 事 こと を 行 おこな ひし 者 もの を 既 すで に 審 さば きたり。 忠盛がとがにはあらず」とて、かへつてえいかんにあづかつしうへは、あへてざいくわのさたはなかりけり。

次の

平家物語

あいし ん か くら ふぎ

投稿者: 赤胴鈴之助• なごえの きんだち おうしに あわせ たまいぬ. こんどは、また、このちょうぶく、さんどなり、いまわがでしら、ししたらんひとびとは、ぶつげんをもてこれを、みたまうらん。 ここにえいざん、とうじ、ななじ、おんじょうとうのこうそうとう、これをきくことをえてしんごんのひほう、たいほうのしるしとこそよろこびたまいける。 姦惡 ( かんあく )なる 世 ( よ )は 休徴 ( しるし )を 求 ( もとむ )るとも 預言者 ( よげんしや )ヨナの 休徴 ( しるし )のほか 休徴 ( しるし )を 予 ( あたへ )られじ 遂 ( つひ )に 彼等 ( かれら )を 離 ( はな )れて 去 ( さり )ぬ• かくあるべしと猜 すい したれば簀 すのこ の下 した に夜 よ もすから一五一十 いちぶしゞう をみな聞 きゝ たり。 これによつてだいしゆのまうすところ、ほふわうおんぱからひあるべしときこえしほどに、さんもんのじやうかうら、しさいをしゆとにふれんとて、とうざんすときこえしかば、だいしゆにしざかもとにおりくだつて、みなおつかへす。 其 ( その ) 中 ( うち )なるひとりの 教法師 ( けうはふし )イエスを 試 ( こころ )みん 爲 ( ため )に 問 ( とふ )て 曰 ( いひ )けるは• 然 さ るからに天地 あめつち の間 あはひ に生 な る者 もの。

次の

無標題文件

あいし ん か くら ふぎ

本当に、申し訳・・・。 そのひとのほろびたらば、そのくわんにはなりなん」など、うとからぬどちは、よりあひよりあひ、ささやきけり。 このだいなごんはゐんのごきしよくよかりければ、P89さまざまのいのりをはじめらる。 1 兄弟 きゃうだい よ、われ 靈 れい に 屬 ぞく する 者 もの に 對 たい する 如 ごと く 汝 なんぢ らに 語 かた ること 能 あた はず、 反 かへ つて 肉 にく に 屬 ぞく するもの、 即 すなは ちキリストに 在 あ る 幼兒 をさなご に 對 たい する 如 ごと く 語 かた れり。 ガリラヤとデカポリス、エルサレム、ユダヤ、ヨルダンの 外 ( むかふ )より 多 ( おほく )の 人々 ( ひとびと )きたり 從 ( したが )ふ 第五章• また唯 たゞ 憑 たの むハ母御 はゝご の事 こと のみ。 「わがみのえいぐわ」(『わがみのえいぐわ』)S0105わがみのえいぐわをきはむるのみならず、いちもんともにはんじやうして、ちやくししげもり、ないだいじんのさだいしやう、じなんむねもり、ちうなごんのうだいしやう、さんなんとももり、さんみのちうじやう、ちやくそんこれもり、しゐのせうしやう、すべていちもんのくぎやうじふろくにん、てんじやうびとさんじふよにん、しよこくのじゆりやう、ゑふ、しよし、つがふろくじふよにんなり。

次の