メル ペイ フィーバー。 4月予定のメルペイサンデー・フィーバーキャンペーンは中止か、残念!

【メルペイ】3月キャンペーンは最大還元率50%で3,000円まで還元!メルペイフィーバー・サンデーと一挙解説!

メル ペイ フィーバー

また、還元期間が一番長い コンビニは3月中はずっと還元対象店舗です。 中央に残高の表示があり、残高とポイントを足した額が使えます。 ・ポイント還元上限は「メルペイフィーバー」キャンペーンと合わせて、期間中を通して合計3,000ポイントです(1決済あたりの還元上限は500ポイントまで)。 スーパー?コンビニ?効率的な使い方を考えよう 利用方法については、まずはいつもと同様の考え方が、土台になります。 なので、学校からの下校時間や通勤の帰宅時間に利用しても対象ではありません。 又は、「お知らせ」一覧の「すすメルペイ」のお知らせからでもキャンペーンページに移動することが可能です。 正しくは、本キャンペーンの対象外となります。

次の

メルペイで3月の大型キャンペーン!「メルペイフィーバー・メルペイサンデー」始まる!最大還元50%超え!?

メル ペイ フィーバー

もちろん、私見ベースですけど。 還元されるポイントは、各還元対象のお支払い毎に計算し、小数点以下の端数を切り捨てたポイント数が付与されます。 ドラッグストア• 2020年3月8日(日)00:00-23:59• メルペイフィーバーの対象店舗 対象店舗は次の4種類で構成されています。 メルペイフィーバー・メルペイサンデーは、2つのキャンペーンを通して合計で3000Pが還元上限となっています。 飲食店の対象店 メルペイフィーバー50%還元が利用できる飲食店のリストです。 コード決済は全てのお店で使えるので(一部対象外店舗あり)、コード決済を使うといいでしょう。 「すすメルペイキャンペーン」で紹介コード YTAFQG を入れて、メルペイに新規会員登録する(本人確認は銀行口座登録がおすすめ)• コンビニの還元率は20%と低めになっているので注意願います。

次の

「メルペイフィーバー・メルペイサンデー」3月はコンビニ・ドラッグストア・飲食店・スーパー・家電量販店などの指定対象店舗で最大50%還元、日曜日はどこでも最大20%還元

メル ペイ フィーバー

メルカリアプリ内での購入、Suicaチャージは本キャンペーンによるポイント還元の対象外です。 まず、それぞれの画面です。 キャンペーン期間中に各フィーバーの対象となるお店とフィーバー期間はそれぞれ下記の通りとなります。 ポイントの有効期間限は付与された日を含めて60日です。 ・松屋 ・日高屋 ・かっぱ寿司 ・フレッシュネスバーガー など、メルペイの 飲食店フィーバーと重複している店舗も多いので、上手に使い分けるといいでしょう。 メルカリフィーバーとメルペイサンデー両方に共通することとして、 ・メルペイポイント払い ・メルペイスマート払い(後払い) ・メルペイ残高払い こn3つが支払いの対象になります。

次の

【現状なし】メルペイのポイント還元率は?【スマート払いも還元はある?】 | キャッシュレス決済(スマホ決済)ニュース「キャッシュレスPay」

メル ペイ フィーバー

メルカリアプリ内の購入は対象外)。 これだけチャージすれば、あとは翌日付与でもらったポイントを消化しながら、最終的には6000円分のお買い物をして50%分の還元(上限3000P)をゲットすることができます。 メルカリフィーバー メルカリサンデー という感じで 今回のキャンペーンについて あらまし、概要はこのとおりでしょう。 対象となるのは、 7:00~13:00だけ。 ただ、やはり、メルカリの使用状況や使い方によっては、残高払いを使った方がいいケースもあります。 キャンペーンは、期間を3つのステージに分けて展開。

次の

【最大50%還元】メルペイフィーバー・メルペイサンデーの違いを解説

メル ペイ フィーバー

メルペイに銀行口座を登録してキャンペーンをお得に活用したい方は、是非に登録してみてください! メルペイ以外でポイント還元率の高いスマホ決済サービスは? 「メルペイのポイント還元についてはよくわかったけど、他のスマホ決済の還元はどうなってるの…?」 と疑問に感じた方も多いでしょう。 最高50%と群を抜く還元率ですので、 使いどころを見極めるのが重要です。 キャンペーンの期間は、3月中で、2月1日の午前7時から31日の13時までです。 しかし、注意が必要なのは、 1決済あたり500ポイントが上限なので、2,500円ずつ決済を分ける必要があるという事ですね。 イオン系列やマクドナルドでも利用可能ですし、一般飲食店などでも、iDが利用できるお店は多くあるので、是非利用してみましょう。 キャンペーン期間が到来した順番で、各ジャンルの対象店舗が発表されてきました。 メルペイスマート払い メルペイ残高払い 方式 後払い メルカリからの借入、翌月末返済 残高払い 自己資金から残高にチャージ) スマート払い残枠は各自で設定 上限あり メルカリの売上金や使う金額をチャージ タップで残高払いに切替可能 タップでスマート払いに切替可能 手数料 残高精算はなし コンビニ、口座振替等は300円) なし ポイント 精算時に利用可能 キャンペーン中でも利用可能 還元あり) 特徴 手持ちがなくても残枠の範囲で使える メルカリの売上等の残高があれば残高からの利用がおすすめ 留意点 滞納すれば年率14. ただし、 ライフではスマホ決済専用レジでしかメルペイを利用できませんので、注意してください。

次の

メルペイのスマート払いと残高払いはどちらがお得か比較 / メルペイフィーバーでは

メル ペイ フィーバー

メルペイ残高払いで1000円分を使って、メルペイフィーバー50%還元のお店でお買い物する• 【買い物2回目】もともと持っていた500P+買い物で付与された500P=合計1000Pを使って、再度メルペイフィーバー50%還元のお店でお買い物する• 再度念押ししますが、理論的には上記でいけるハズですが、正直いろいろ面倒くさいです(爆) なので、メルペイフィーバーでもらったポイントをメルペイフィーバー期間内に全部消費してやろうなんて躍起にならず、貯まったメルペイポイントはモバイルSuicaにしてしまうとか、次回の買い物で使うとか、ゆるめに考えて、最初に3000円チャージしとくのが一番現実的かと。 とはいうものの、どのコンビニもiDが対応しているので、 iD決済を使うのがベターですね。 そうして、Edyなどと同じようにiPhoneやApple Watchを電子決済端末にタッチすればいいだけです。 すでにメルカリの会員で、メルペイの新規会員登録だけをこれから行う方は、友達紹介キャンペーンで1000Pをもらえるので、 自分でチャージする金額は2000円。 こちらも対象店舗はたくさんあるので、代表例のみ記載しますので、詳細はドラッグストアフィーバーにあるメルカリホームページをご確認ください。 ポイント還元上限はメルペイサンデーキャンペーンと合わせて 、期間中を通して合計3,000ptです 1決済あたりの還元上限はコンビニフィーバーで300pt、その他のフィーバーで500ptとなります。

次の

特定加盟店で最大50%の大型還元、日曜日は全加盟店で最大20%還元メルペイ、期間限定で新キャンペーンを開催

メル ペイ フィーバー

マツモトキヨシで利用したら、よかった! この話・・ ドラッグストア関係は終わっているので この次という話はありませんが (4月は中止ですし・・ね。 お支払い用銀行口座の登録後、銀行によってはメルペイ残高へのチャージが可能になるまで数日かかる場合があります。 もっと還元方法の底上げあるよーと言う方は、是非連絡お待ちしております。 ローソンでdポイントカードとApple Payで7倍 1つ目のローソンでdポイントカードとApple Payで7倍というキャンペーンは、dポイントカードをApple Payに登録して、ローソンでApple Payで決済し、dポイントカードを連携することでdポイントカードを通常の7倍もらえるというキャンペーンです。 1決済当たりの還元ポイントの上限は500ポイントですし、 キャンペーン全体の還元ポイントは3,000ポイントです。 目次 メルペイのネット決済でポイント還元はある? 結論ですが、現状メルペイにポイント還元率は定められていません…。 ポイント上限から計算した金額と回数の上限は? ポイント上限がわかると1回あたりの金額や期間中にいくらまで使えるのかわかります。

次の

特定加盟店で最大50%の大型還元、日曜日は全加盟店で最大20%還元メルペイ、期間限定で新キャンペーンを開催

メル ペイ フィーバー

Contents• メルペイフィーバー・メルペイサンデーの内容詳細 メルペイのサービス開始1周年を記念して、2020年3月1日(日)よりメルペイのポイント還元キャンペーン「メルペイフィーバー」と「メルペイサンデー」が開催されます。 メルペイで決済出来ればどこでもいいので、iDが利用できれば、どこでも大丈夫です。 キャンペーンの期間や詳細について説明していきたいと思います。 キャンペーン 「メルペイフィーバー」 キャンペーン期間 2020年3月1日~2020年3月31日 特典 対象のお店にて買い物をすると、支払い金額の最大50%相当分のポイントを翌日還元してもらえます。 《メルペイサンデー》 「iD」マークがあるお店または「メルペイ」マークがあるお店でのお支払いがポイント還元対象です。 【3月15日追記】 3月15日(日)より「まちのお店フィーバー」が開始されます。 そこでここでは、特に 高還元を狙えそうな対象店舗を紹介しましょう。

次の